きもの人 トップ  →  商品一覧

ふくれ織白半衿

      

ご贈答用は、こちら       絹半衿のお洗

この半衿は、訪問着から紬まで、お若い方から円熟した方まで幅広くお使いいただけます。

宝尽し

 

商品番号:e7221oh201ko 
 

宝袋、打出小槌、吉祥、福徳の文様は、 多くの方が好む柄です。


 

さくら

 

商品番号:e7221oh202ko 
 

一番人気が高い柄、桜です。
寒桜から、弘前で桜が散る5月まで、案外長く使えます。

 

 

商品番号:e7221oh203ko

 

竹と共に、笹はその茎の真っ直ぐなこと、色が緑であることで、人々の心のあり方を問いました。

 

 

商品番号:e7221oh204ko

 

4君子の1つ菊は、その精香のかおりと姿で、 昔から人々に愛されました。

 

雪輪

商品番号:e7221oh205ko
 

天象の中でも不思議な雪、その結晶の美しさと 淡くすぐ溶ける様を人々は、雪輪文様に託しました。
  

■ 商品説明

【価格】 

すべて、税込価格: 5,250円

(本体価格:  5,000円)  
価格は、全て送料別です。

【半衿】
現在、半衿と言えば、 長襦袢につける掛け衿を指しますが、昔は表着でも襦袢でも本衿の上に掛ける衿は全て半衿と呼びました。
それは、掛け衿の長さが本衿の半分ほどだったからとか、半幅の裂地を掛け衿として用いたからとも言われています。
半衿は、その形が長いことから、末永く続くとの意味を持っていると言われます。

【生地】
正絹100% 盛夏以外の3シーズン用

【織り方】
丹後ちりめんを使った風通(ふうつう)織り

織物の組織(織り方)は、平織り、綾織、朱子織りの3つに大別され、その変 化によって、数え切れないほどの整織方が生み出されました。
この半衿の生地、ちりめんは、天正年間(1573〜1591)に中国の明から職工が泉州堺に、その技法を伝え、更に京、西陣へ、そして丹波・長浜に伝えられました。
今日、丹後地方は、その風土・気候の助けもあって、「丹後ちりめん」の名を更に高めています。

【色】
真っ白ではありません。
うっすらと生成りがかって優しい色合いです。
ふっくらと盛り上がったふくれ織が、暖かさと楽しさと
奥深さを感じさせてくれます。

【お手入れ】
手洗いすると、縮みますが、きちんと使えます。

その模様を→こちらからお読みください。

【その他】
ふくれ織りの技法は20年以上前に一旦途絶えてしまいました。
その頃は、友禅の染やししゅうの半衿で楽しんでも、白にこだわった半衿の 需要が途絶えてしまったからです。
4,5年前から丹後の職人さんが、その再興に務めました。 かなりの量の失敗をしながら、やっと思うような風合いをだした のがこの品です。
ポリエステルでは、このふくれ加減は出せません。

 

■Chikaさまから

一昨日ふくれ織の白半衿、届きました!
昨日の出掛けに気付き、バタバタと時間の無い時に開くのは嫌だったので、一日楽しみに過ごして、つい数時間前に封を切りました。
お手紙まで同封されていて、とてもとても、嬉しかった!

何だか一々喜んでばかりです(笑)。

今、首に合わせて見ていました。白一色なのに華やかで、でも柔らかな華やかさで素敵です。
表面の凹凸が優しいんですね。『ふくれ織り』なるほど!でした。
掲載写真は実物よりシャープに見えました。

大きな菊なのに決して派手ではないのが嬉しいです。


見る度に愛着が湧いてくる 優しさですね。色合いも、肌触りも。
本当に良い物をありがとうございました。大切に使わせて頂きますね。
今日はこれで、おやすみなさい……。女将さんの楽しそうな忙しさを見習って、明日もまた1日頑張ります!

■よりこさまから

本日雪輪の半襟が届きました。

期待以上にかわいくて注文してよかった!です。
先月京都で帯締めを購入したのですがそれと同じメーカーの品だったので ちょっとびっくりでうれしくなりましたので、メールを差し上げました。

■あきこさまから

半襟付け替えをお願いしていた長襦袢ですが、 昨日到着しました。
早速包みを開いて、中身を確認。

やっぱり、ふくれ織の半襟、綺麗ですねーー。

派手すぎず、でも華やかで。
以前頂いた雪輪の柄のものは、かわいい感じもありましたが、
 
今回付け替えていただいた、菊の柄は、 しっとりとしたオトナの雰囲気(*^o^*)
 
着て出かけるのが楽しみです。

 

【ご贈答用に】   

昔は、ちょっとしたお贈答品として白半衿が使われたそうです。
好きな5種類の白半衿を木箱にお詰めします。
5本お買い上げの方は木箱無料サービスです。


他の半衿と詰め合わせる場合は、木箱が1,050円(税込)かかります。

            

               



みなさまのお役に立ち、楽しんでいただけるサイトになるよう、日々努力を

続けて参ります。
ご意見、ご要望、感想など何なりとお寄せ下さい。心からお待ちしています。