きもの人インタビュー 

奈弓  さま

これまで海外3カ国での生活経験のある私。


それぞれの国で着物を着る機会に恵まれたのですが、

本格的に興味を持ったのは3年前、

当時住んでいたトルコで振袖を着た時のことでした。

 

 

 

現地の人のほとんどは着物を見たのは

初めてだったらしく、
大勢の現地人に囲まれてしまい、

着物についての質問攻

(しかも日本の女優さんと間違えられた!)


・・・しかし当時の私は

「この着物は絹でできているの・・・」
と答えるのが精一杯で、自国文化の教養のなさをひしひしと感じたのでした。

”自国の文化も紹介できないなんて・・・”

その時の悔しさ・情けなさは相当なもの
でした。

 

 

 

 

 

 

 

そうして帰国後1週間後には着付け教室へ入門。


それから2年あまり・・・まだまだ初心者ではありますが、着物の奥深さ・美しさ、
そして着ることの楽しさを感じています。

海外に出ると日本の着物は本当によく褒められます。
きものの魅力は何といってもその優雅さ。


普段とても活動的な私も、

着物を着るとゆったりと落ち着いた気分になります。


背筋がピンと張って「さあ、がんばろう!」

という気さえおきます。

 

将来の夢は----ズバリ

「世界に着物を広めること!」


色々な国の人と一緒に着物を着て世界を

歩き回りたいんです。


その夢に向かって、今は秋に行われる

着物コンサルタントの試験の勉強中です。


また4月からお茶も習い始め、

着物を着る機会をどんどん増やしていこうと

思っています。

ただ着物を着て一緒に歩いてくれる友人が

少ないのが目下の悩みです・・・(笑)