【お知らせ】 7/20~24 展示会出展のため、メール対応や発送が出来ません。

きもの人 トップ → お客様写真館

 

医師 Akiko

Akiko様は、しっかりとしたご自分の鑑識眼で、ご自分らしいきものの装いをなさっていらっしゃいます。

 

 

 

 

先月初めに滝沢先生の訪問着を送って頂いたの ですが、着物の到着を待たずに、研修のためフランスへ 行ってきました。

あの訪問着は、私はもちろん、彼も一目惚れだったので、フランスから 彼に国際電話をかけると、最後に必ず、”着物、そのままでいいの? 広げて見とこうか??”と言われました。
一番に広げて見るのは私!!と、彼を抑えるのが大変でした。

昨日自宅に帰り、きものを広げてみて、改めて染の見事な透明感、 匂やかな気品、美しさにうっとりしました。

そして、滝沢先生がわざわざ染めてくださった袱紗も、きものと全く同じ色 というわけでもなく、きものと袱紗がきれいなグラデーションになっているようで、 きものと袱紗の間だけ、ゆったりとした雰囲気が漂っているようでした。

長襦袢もとてもきれいなグラデーションで、きものの雰囲気にぴったりでした。

長襦袢に着物、帯、そして帯揚げに帯締め。そして、袱紗まで身に着けると、 本当に完璧なコーディネートで、そして、今までとは違うすてきな自分に出会え るような気がします。

早く身に着けてみたいのですが、友人の結婚式より前に着てみるのは なんだかもったいないような気がして・・・。
まずお祝い事で着物をおろして、それからはパーティなどでもどんどん 袖を通そうと思います。
着用予定はまだ1ヶ月先ですが、それまで、眺めても楽しめそうです。

 

22日の日曜日に滝沢先生の着物を着て、友人の結婚式に 出席してきました。
着付け室で、”まああーー、きれいな着物やね。モダンで上品。
こんなの着てる人おらんよー。”と褒められ、友人たちにも ”派手な着物じゃないのに一番目をひくね”と言ってもらいました。学生時代から友人だった新婦も、”いろんな着物を着てるのを見て きたけど、訪問着の中ではこれが一番綺麗さを際立たせてくれてるし、
静かな美しさがすごく似合ってる”と、とても喜んでくれました。

今までとは全く違う私らしさを発見でき、新婦にも喜んでもらえた着物に 出会うことができて、本当に幸せです。
着用時の画像を添付しましたが、披露宴後に撮影したものなので、 ちょっと顔がテカっています・・・。
3枚目の画像は、わかりにくいですが、指に先日頂いたパールの 指輪をつけています。

お祝いでおろしたこの着物、今後はパーティーなどでどんどん着たいと 思います。
本当にありがとうございました。

こちら

 

ピンクの雪輪の柄がステキ♪

 

昨日も羽織と紬で、お気に入りの料理屋さんへ行ってきたのですが、 「いつものきものと雰囲気が違うけど、すごくよく似合っていて、いいね。」
「羽織の柔らかい感じが、きものによく合っていて、あなたらしい組み合わせだね。」 と褒めてもらいました♪

 

縞の牛首紬がお似合いですね

 

昨日も羽織と紬で、お気に入りの料理屋さんへ行ってきたのですが、 「いつものきものと雰囲気が違うけど、すごくよく似合っていて、いいね。」
「羽織の柔らかい感じが、きものによく合っていて、あなたらしい組み合わせだね。」 と褒めてもらいました♪

 

 

 

 

ピンクの羽織を合わせて

 

少しずつ着物の数が増えてきて、色々な着物の着心地が比べられるようになってきましたが、やっぱり、きもの人で誂えたきものが一番着ていて気持ちがよく、着付けやすく、着崩れしませんね!!
それに、牛首紬は何となく硬いイメージがあったのですが、しなやかで、生地に上品な光沢感があって、お正月には最適でした。
羽織も陽だまりのような雰囲気がとても素敵で、やっぱりピンクと言いながら、一番似合うものを伊藤さまに見立てていただいて、本当に良かったと思っています。

 

 

「小物をどうしようか、そればかり悩んでおります。」
きものを着る予定の場所は、同じ科にいる、1つ年上の女性医師の先輩の結婚式です。

チャペルと式場が一緒になった会場で行われる式の、披露宴のみに出席する予定です。
友人として出席するわけではなく、同じ科の医師が全員出席する、そのうちの一人。 科の中でも一番下の立場です。

披露宴には、私が在籍している科の医師やお二人の友人と親戚など全体で50人前後が出席すると思います。時間は夕方5時に開始です。

きものを振袖、訪問着、付け下げ・・と色々悩みましたが、ホテルのような会場でなく、また、近い立場で出席するわけでは ないこと等など考え、今回、見ていただく着物での出席を決めました。

 

さすが!!としか申し上げようがありません。
私も、今回お送りした訪問着は、色も、柄も、雰囲気も
大好きなのですが、まだ少し早いと言うか、地味・・と言うのではないのですが、 落ち着きすぎてしまうような感触を着るたびに感じていたのです。

その感触を小物で柔らかくできるのではないかと考えたの ですが、やはり、大部分を占める着物そのものの色合いは 大切ですよね。

あのきものを今までに着たのは2回だけです。
2回とも白に近いクリーム色の帯締め・帯揚げを使用しました。
その色の小物は、あの着物の透明感をさらに引き上げました。 けれど、シルバーグレーのシャープさをも、ますます発揮させたのかもしれません。

1度目は仕事上で、非常に光栄な賞を頂き、その授賞式で着用しました。
そのときは、その場にもふさわしく、周囲の方の評判もとても良く、 壇上で落ち着いて賞を受けるにふさわしい装いであったと感じました。

 

けれど、2回目はお世話になった方のお誕生日をお祝いする 席でした。同じ装いで出席しましたが、少し落ち着きすぎた感じがしました。
もう少し全体的に柔らかな、明るい印象で着られたら良かったのにな、と今でも思っています。
着るたびに何となく感じていた私の違和感を、見事に指摘されてしまいました(^o^;

とっても、とっても!!きもちよかったです!」

きものを着付けてくれる方が、”このきものに この伊達襟が本当にいいですね。” “この色をもってくるなんてセンスがいい。きものが分かるのね。”
“この掛け襟も、こんなにいいものはなかなか目にしない。” ””うわー、かわいい帯揚げ。どこでこんなにいいもの を手に入れたの?” と大絶賛してくれました。

披露宴の会場では、そばを通る人、通る人 みんなが、
”きれいですね””似合ってますね””美しいですね”と声をかけてくれました。
ほんとうに自分でも、あのきものの魅力を再発見したようでした。
静かな美しさを表現するにはいい着物、というとらえ方をしていましたが、
それだけではなく、明るくチャーミングで、でも上品で凛とした美しさ、落ち着き。

そして目立ちすぎず、でも私らしく、周囲の方の印象に残る装い。

伊藤さまに選んでいただいた小物のおかげで、この着物を着て表現したい自分をすべて欲張りに、表現できたような気がします。

選んでいただいた小物を、着物と一緒に衣紋掛けにかけて眺めて いたときも、さすがのセンス!と思っていましたが、実際に身につけてみて、
本当に、私と着物と、どちらも幸せになれるよう、 たくさんの中から心を込めて、 一番を選んでいただいたのだな、と実感して、心から嬉しく幸せに思いました。

たくさんのお手数をおかけしたことと思います。心から感謝致します。

 

詳細は、こちら

 

 

 

 

この小紋は、お気に入りのうさぎの浴衣があり、その色柄で小紋を染めて下さいというお誂えで作らせていただきました。

 

 

 


きものライフコンサルティング コーディネート講座 袷のきものCD 訪問着の小物選び 最高に素敵! 優先順位の整理 良子様きものライフ 入・卒業式のきもの 振袖アレンジ! 義弟の挙式


ito

パーティの着物

入・卒のお母様の着物

お客様写真館

商品検索

商品検索

価格で絞り込む



カテゴリから探す

コーディネート
きもの
留袖
振袖
訪問着
付け下げ
色無地
柔らかもの小紋
夏きもの
誂えのきもの
お召
絞りのきもの
喪服
浴衣
織のきもの
木綿
きもの 逸品きもの
江戸小紋師 藍田正雄作品
袋帯
名古屋帯
誂えの帯
半幅帯
丸帯
つくり帯
長襦袢
羽織・コート・袴
和装小物
男物
子供
仕立て・手入れ
その他
和装小物2
Kazza
モデル着用(仕立て上がり品)

シーンから探す



メイン色から探す


ファッションタイプ

 MATURE PINK ブルーローズ 旬 藤華 多が紫羅 Viaje



着物大学

やまとなでしこローン

掲載されました&衣装協力

メルマガ

採用情報

facebook

twitter

twitter

きもの人

KIMONOBITO30

営業日カレンダー


HOME
商品一覧
きものライフコンサルティング
購入までの流れ
初めてのお客様へ
お仕立て
きもの人について
アクセス
伊藤康子のブログ
 



 
お名前
メールアドレス
  お問合せ内容